アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
今週のフロイント
2015年8月29日のフロイントは

Yさんの指揮で
 ★モーツァルト / 交響曲 第36番「リンツ」
 ☆メンデルスゾーン / 交響曲 第4番 「イタリア」
 ☆シューマン / 交響曲 第2番 1、3、4楽章
   ★・・・当日指揮者選曲
   ☆・・・当日リクエスト曲

その他当日リクエスト曲(落選)
 ・ハイドン / 交響曲 第100番「軍隊」
 ・ロッシーニ / 「セビリアの理髪師」序曲
 ・シューベルト / 交響曲 第4番「悲劇的」
 ・シューマン / 交響曲 第3番「ライン」
 ・ドヴォルザーク / 交響詩 第9番「新世界より」
 ・シベリウス / 交響曲 第6番
でした。


超豪華!Vn、合宿?ってくらい人数集まりました。
Flさんも来て下さいました♪
めっちゃ嬉しいです。
Obさ〜ん、恋い焦がれております(*ノ▽ノ)

難しいモーツァルトさんはさておき、
イタリアはスゴく軽快だったような気が致します。

合奏後5分も経たないうちにやった楽章を忘れてしまっていましたが、シューマンさんの曲今でも頭で流れています。
(Oさん、ご指摘頂き有難うございましたm(__)m)
巧妙でいい曲だな〜と思うんですが、難しくて…手が出ません。
指揮の合図が無かったら私は完全に“全落ち”になっていたことと思います。
変に音出すより落ちていた方が合奏としては平和なんだと思いますが、
演奏会では無いんやしドンドン音出して行こう!
と思ったり…
どうなんでしょう?

といいつつ、積極的に間違いながら全開で楽しんだ今夜のフロイントでした(^-^ゞ

Date: 2015/09/05(土)


2015年8月15日のフロイント
2015年8月15日のフロイントはSuさんの指揮で、

ベートーヴェン    交響曲第8番
シューベルト     交響曲第2番
ドボルザーク     交響曲第8番から第1楽章と終楽章ちょっと。

でした。

リクエストは、

・シベリウス、シューマン、シューベルト、ブラームス、ブルックナー、ラフマニノフ、のいずれも 交響曲第2番
・ドボルザーク     交響曲第8番
・ブラームス      交響曲第1番
・メンデルスゾーン   序曲「フィンガルの洞窟」

でした。

「そろそろ演奏会だっけ?」と思うほどおなじみになってきたベー8。
コンマスさんは欠席でしたが、1stの面々は留守をしっかり守ってた感じがしました。
数え間違いそうな所はいつも「ウン、ウン…」と足で拍子を取ってしまう。曲の流れを大事にしてる指揮者さんの前で一番やってはいけないなぁ、と毎回思ってしまいます。

シュベルト2は。。。
フロイントでは1回お目見えした記憶あり。
前は確か1stでトップサイドに座らせてもらったようで、「なんか割りと弾きやすかったような・・、延々と同じ事やってたけど・・・」とかアホなこと吹いてましたが、こんな難しかったとは・・・。
あなどれません、シューベルト。

記憶違いもさることながら、Naさんの譜読み力とテンポキープに改めて脱帽いたしました。

終楽章のプレストは、Suさんが「曲を知らない人が多い+1楽章での疲労感」を考慮してかなりゆっくりめで振ってくれましたが、ちょっと違う曲になっていた気がしてしまいました。

Suさんから「>」、「Λ」、「ー(テヌート)」、それぞれのアクセントの話を聞きました。
この形にちゃんとその通りの意味があったんですね!(気になる方はSuさんまで。)

それを踏まえてのドボ8。
冒頭。さすがみなさんすぐに実行に移せるんですね〜。
チェロと管楽器さんの(特にクラ?)音がパーンと響いて、なんかすごく印象に残りました。

微妙に余った時間で終楽章コーダ部分のみ。
「あ」と思ってる間に終わった今週のフロイントでした!
Date: 2015/08/16(日)


今週のフロイント
ちょうど淀川花火大会が開催されている頃〜
2015年8月8日のフロイントは

Yさんの指揮で
★モーツァルト / 交響曲 第40番
☆ハイドン / 交響曲 第99番
☆メンデルスゾーン / 交響曲 第5番「宗教改革」
★・・・当日指揮者選曲
☆・・・当日リクエスト曲

その他当日リクエスト曲(落選)
・ベートーヴェン / 交響曲 第4番
・ベートーヴェン / 交響曲 第5番「運命」
・ベートーヴェン / レオノーレ序曲 第3番
・リスト / 交響詩 レ・プレリュード
・ドヴォルザーク / 交響曲 第7番
・ブラームス / 交響曲 第2番
でした。

モーツァルトさんの40番。
聴いている時は感じませんが、弾いていると昭和の年の瀬の忙しない様子が頭に浮かびます。
『あれやって、これやって、あ〜忙し忙し。』
最期は無事新年を迎えられました!(よね?)

後半戦はKさんがVnでOb役を演じて下さいました♪

ハイドンさん、あぁ〜ハイドンさん、
選挙には強いしっかりとした地盤をお持ちのようです。
ハイドン推進派のOさんも
「今日は楽しく無かった〜。最近やり過ぎやからかな?」とこぼされるくらいの連投♪

指揮者さんが年代順に並べられた最後の曲、
宗教改革。
全体的に音量が盛大に上がったのではないでしょうか?
途中Tpのファンファーレが聴こえたような気がしましたが、Tpいらっしゃらず…空耳ですね(^^;
綺麗と伺っていた4楽章、個人的には悲鳴のような高音で終わってしまいましたm(__)m
勢いがあってハツラツとした合奏で幕を閉じた今夜のフロイントでした。
Date: 2015/08/10(月)


今週のフロイント
ちょうど天神祭奉納花火が打ち上げられている頃〜
2015年7月25日のフロイントは

Suさんの指揮で
♪ベートーヴェン / 交響曲 第8番
☆ハイドン/ 交響曲第20番
☆ハイドン / 交響曲第86番(←繰上当選)
♪・・・予告曲
☆・・・当日リクエスト曲

その他当日リクエスト曲(落選)
・モーツァルト / 交響曲第27番(←当選したが、楽譜消息不明のため失格)
・メンデルスゾーン / 交響曲第3番「スコットランド」
・ハイドン / 交響曲第104番 「ロンドン」
でした。

ホルン・ティンパニ 各1名様以外全て弦という構成で始まった今夜のフロイント。


予告曲のベー8。
チェロ3名横並びで着席。
指:「何方がトップですか?」
Vc:「さぁ〜誰でしょう♪3人の内の誰かです。(ウォーリーを探せ的な)」
指:「( ; ゜Д゜)」
なんて言いながら始まったわけですが、
芸能界アイドルグループの掟に従い(?)トップはセンターポジションに配置されていました(笑)
助さん(←水戸黄門)ポジションのNさんはVa代役。

個人的には、毎度コンマスさんにE線音域の音程が全く合わせられず気持ち悪い。
自分で認識するレベルってことは、周囲の人からは半音位ズレて聴こえているのでしょうか(-_-;)
音質&技量の違いと自分に言い聞かせて屈することなく弾いてしまいましたが…スミマセンm(__)m


♪知らない曲をやってみようのコーナー♪
・ハイドンさん20番←意味不明。難しすぎる。
・ハイドンさん86番←意外と弾きやすそうで綺麗な曲。
共通して言えることは、2ndVnの大変さ半端ない。
2ndVnさんブラボーでした!!
T先生はVnで木管(゜ロ゜;?
チェロ3人衆は最後までアイドルの掟をまもった、
今夜のフロイントでした。

Date: 2015/08/01(土)


今週のフロイント
2015年7月11日のフロイントは
ベートーヴェン:交響曲第8番
メンデルスゾーン:フィンガルの洞窟
真夏の夜の夢より

リクエストは
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」
交響曲第5番「宗教改革」
フィンガルの洞窟
真夏の夜の夢より
チャイコフスキー:交響曲第4番、第5番
イタリア奇想曲
プロコフィエフ:古典交響曲
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲

指揮はSuでした。
充実の弦楽器で始まったベートーヴェンの八番
早くてスタイリッシュな演奏も多いこの曲ですが、個人的には一音一音しっかり鳴らしてフレージングをきちんととった演奏を目指したいと思っています。
回数を繰り返すうちにどんどん音が鳴ってきて、私は楽しくなってきました(皆さんはどうかは自信ないですが、、、)
もうしばらくおつきあいください。

リクエストはロマン派の作曲家ばかりが並び、結果的にはメンデルスゾーンの二曲を選曲。
いずれもメンデルスゾーンらしいとても綺麗で流麗な旋律、流れるような和声進行がたまらない作品です。
いつも真夏の夜の夢の序曲の第二主題を聴くととても安らぐのですが、皆さんはいかがですか?
最後は結婚行進曲で華やかに締めくくった今日のフロイントでした。
Date: 2015/07/12(土)


今週のフロイント
2015年7月4日のフロイントは

Suさんの指揮で
♪ベートーヴェン / 交響曲 第8番
☆モーツァルト/ 交響曲第41番「ジュピター」
☆ハイドン / 交響曲第95番

♪・・・予告曲
☆・・・当日リクエスト曲

その他当日リクエスト曲(落選)
・ハイドン / 交響曲第86番
・ハイドン / 交響曲第104番「ロンドン」
・その他一曲 (との御紹介 by選管執行役員)
(→ブラームス / 交響曲第2番)

でした。

ベートーヴェンさんの2番終演から最初に8番をさらったとき、
『めっちゃ弾きやすくなったやん音符』と大喜びしましたが、
会を重ねる毎に難しくなる8番。
さらえばさらうほど音程わからなくなっていって…
どんどん弾けなくなる呪縛(-_-;)
1楽章ー練習番号C、CDであそこの切迫感何故か好きだったのですが、
今夜Suさんより『ここは追い立てられる・攻める感じ。ニ短調→第九と同じ感じです。』との旨の説明を頂き、
お〜確かに第九の1楽章の緊張感+せわしない感じ似てる! !
(日本人の第九好きは幕開けが師走描写と共鳴してるのでは?と最近思います。)
『チェロ、一人でも居てくれたらなぁ』
と話していたら
合奏直前にNさん登場!
病は気から…願えば叶います!! ねっ♪

モーツァルトさんとハイドンさんの違い。
前者は暗いときはずーっと暗く、
後者は暗かったと思っていたら直ぐに気分変わって明るくなる…だそうです。
(赤ちゃん的?)

フロイントさんで大人気のハイドンさん。
残念ながら私は馴染めないというかどちらかというと嫌いですm(__)m
難しい割にはさらったときの達成感が薄い。
ハイドン氏戦略として、
春が青かった頃に使用していたカイザー1〜3巻を引っ張り出してさらってみてはいますが、
指吊りそうになるし全くできないし(T-T)
今夜気付いたのですが、
ハイドン好きな方はちゃんと音楽に取り組んでおられるというか、
和声で音楽を感じている方々ではないかと。

感覚的な旋律や雰囲気の好みではなく、
いつか『ハイドン&モーツァルト好きです』と言える人間になりたいと思った今夜のフロイントでした。

Date: 2015/07/11


2015年6月20日 のフロイント
2015年6月20日のフロイントは

 ★メンデルスゾーン / 交響曲 第3番「スコットランド」 ( 指揮:Saさん)
 ♪ベートーヴェン / 交響曲 第8番 (指揮:Suさん)
 ☆ロッシーニ / 歌劇「セビリアの理髪師」序曲 (指揮:Suさん)

  ♪・・・予告曲
  ☆・・・当日リクエスト曲
  ★・・・当日指揮者選曲

その他当日リクエスト曲(落選)
 ・ロッシーニ / 歌劇「絹のはしご」序曲
 ・フォーレ / パヴァーヌ
 ・ウェーバー / 歌劇「オイリアンテ」序曲
 ・どれもやりたくない人 / 1名様 ?(笑)

でした。

スコットランド…難しいです。
旋律はとても好きなのに(>_<)手が出ない。
何故皆さま初見で弾けはるのか、不思議でなりません。
冒頭と終結部のVaさん、素敵でした♪
意味不明で鳴きそうな(通り越して笑うしかない精神状態)心に癒しの光が天から射し込む感じでした!
更に、隣でこんなにも違う事弾いている奴がいるのに、
コンマスさんとTさんは何故惑わされる事無く弾かれるのか…不思議です。(スミマセン)
やはり演奏回数多い方が前に行かれた方が全体的に平和ではないか?と(-_-;)グルグルグルグル

全体的にちょっと慣れてきた感じのベートーヴェンさん。
(私はまだ音程・フレーズ覚えられていませんが…)
美味しいとこはチェロさんが持っていく♪
予告されている晩秋までに全パート揃って8番奏でられるといいなぁ。

理髪師のときはもうコンマスさんの音に全力集中で、全体聴けていません。
ごめんなさい。


入団間もない頃団長さんがおっしゃられた
「5年居たら弾けるようになります」というお言葉、
TV通販のオペレーター的適当な励ましだったのかもしれませんが、
騙されたと思ってもう少し食らいついてみようと複雑な心境で終わった今夜のフロイントでした。
Date: 2015/06/27(土)


2015年6月13日のフロイント
2015年6月13日のフロイントはOさんの指揮で、

モーツァルト    交響曲第36番「リンツ」
モーツァルト    交響曲第34番
ハイドン      交響曲第93番

でした。

リクエストは、

ハイドン      交響曲第100番「軍隊」
ハイドン      交響曲第96番
ハイドン      交響曲第93番
シューマン     交響曲第1番「春」
シューマン     交響曲第2番
ベートーヴェン   交響曲第3番「英雄」
ベートーヴェン   交響曲第5番「運命」
モーツァルト    交響曲第34番

でした。


モーツァルトはレッスンでよく言われるのが、テヌートになっててもハネ気味で。てな事を意識してみるものの逆にたくさん力が入ってしまいました。
キラキラではつらつとしたイメージで弾いてみたいものです。

ハイドン93番は、リクエストしたものの、どんな曲かわかってなく・・
でも始まったら「あ〜これこれ♪」てな感じで、久しぶりに出来て
嬉しかったです。

2ndVnのフレーズ、を次はファゴットさんが吹いていて、最後は
一緒に、とかホント仲良しなんですね。
近くで吹いていただいたので、よくわかりました。

私はもともと古典好きですが、小ぶりな曲はわずかながら発見があって楽しいです。
と言いつつ、団長に「弦はもっと管を聞け!」とおこられた今週のフロイントでした。
今後、もっと耳を傾けます、笑。
Date: 2015/06/18(木)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
001851
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71