アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
2013年11月9日のフロイント
2013年11月9日のフロイントは〜

Kadさんの指揮で

♪ブラームス / 交響曲第2番

☆ハイドン / 交響曲第83番

☆モーツァルト / 交響曲第32番

☆ウェーバー / 『魔弾の射手』序曲

♪…予告曲
☆…当日リクエスト曲

でした。

演奏者17名中
ビオラさん4名(^o^)/〜!
優雅で綺麗な音色が聴こえてきました♪

管楽器は
フルートさん、ホルンさん、ファゴットさんのみ…でしたが、
ブラームスさんやってのけるフロイントさん凄い!!

個人的には、
ブラ2の3楽章冒頭
ファゴットさん→ホルンさんへのバトンタッチのところがむっちゃ好きなのですが、
今夜は少人数でしたのでバッチリ丸聴こえで堪能できて楽しかったです。

残った10分で魔弾の射手♪

あれ?
投票では0pointだったぞ!!
書いて下さったの何方〜〜???(笑)
Date: 2013/11/15(金)


2013年10月26日のフロイント
2013年10月26日のフロイントはSuさんの指揮で、

モーツァルト     交響曲第38番「プラハ」
ニコライ       「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲
メンデルスゾーン   交響曲第3番「スコットランド」
ウェーバー      「オイリアンテ」序曲

でした。

リクエストは、

メンデルスゾーン  交響曲第3番「スコットランド」
ウェーバー      「オイリアンテ」序曲
シベリウス      交響曲第5番
チャイコフスキー  交響曲第5番
ベートーヴェン    序曲「レオノーレ」第2番
フランク        交響曲 
ビゼー         交響曲
ドヴォルザーク    野鳩
ドヴォルザーク    交響曲第9番「新世界」

でした。

Suさんが少し遅れていたため、Ho先生(笑)のもと始まった”プラハ”。
モーツァルトの曲はホントに綺麗なハーモニーで作られていますね(*´ω`)
(ちゃんと弾けなくて個人的にはあまり感じられなかったのが残念でしたけど。。)

そして予告曲のウィンザー。
静かな夜明けな感じで始まり(実際本当にめっちゃ音小さいですよね?!)、いろんな場面が出てきて好きな曲なんですが、聴いてるのとやるのとは違う(><)
でも、これは絶対楽しんで弾いてみたいので、次は練習していくぞ!あ、あと木管さんたち?が可愛くて好きです♪

リクエストはスコットランド。
2楽章は指揮者の思っているテンポで、とのことでいつもより速い演奏。
ただでさえ弾きにくく、おまけに速いと来ると、やっぱりガタガタッとなってるとこもありましたが、それでも崩れてしまわないところが「やっぱりフロイントの人って上手いんやなぁ。」と自分は弾けずにただ感心しておりました。
ティンパニのおかげで、チェロ・バスがいないことも全く感じさせない迫力のある演奏でしたが、最後のallegro maestoso assaiでは、Yoさんが帰ってしまわれた+冒頭のチェロがなかったため、音が薄くなってしまいちょっと寂しかったです。
でも、なんか今回はヴィオラさんがフィーチャーされてましたね!

あと少し時間があまったので、「オイリアンテ」。
なぜか最近この曲をずーっと通勤の間聴いているんですが、「これ無理やんな〜、絶対弾かれへんやつやんな〜」って毎朝思ってたのに。。
案の定、始まりの3連符。脳がついていかないってゆうか。
でも、そこを除けば、良い曲だったな〜みたいな気が。(美化されてる?)
Kuさんが言ってましたが、たしかにワーグナーの要素があるかも。

今回もたくさん笑えた今週のフロイントでした!
Date: 2013/10/27(日)


10月19日のフロイント
2013年10月19日のフロイントは

シューベルト

交響曲第8番「グレート」

モーツァルト:交響曲第26番

ヘンデル:水上の音楽より
でした。

指揮はSでした。


リクエストは

モーツァルト:交響曲第26番
        交響曲第30番
ヘンデル:水上の音楽より

でした。

合宿明け1回目のフロイント。
木管が少なかったですが、それでも名曲!シューベルトから始めました。
少しずつ取り上げていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

リクエストのモーツァルトは久々の演奏。とてもシンプルで2楽章が美しかった。
ヘンデルの水上の音楽は不勉強でほとんど聴いた事がなかったのですが、こういう曲も取り上げていきたいな、と思うほど綺麗な曲でした。
Date: 2013/10/23(水)


2013年 秋合宿演奏曲目
2013年10月12〜14日 秋合宿

10月12日
14:50〜
・ニコライ / ウィンザーの陽気な女房たち
・ベートーヴェン / 交響曲第6番「田園」
・ブルックナー / 交響曲第7番 1,2楽章[指揮:Yさん]
・チャイコフスキー / 組曲「くるみ割り人形」(金平糖を除く)
・リムスキー=コルサコフ / 交響組曲「シェエラザード」1,3楽章
19:30〜
・ブラームス / ハイドンの主題による変奏曲
・メンデルスゾーン / 交響曲第3番「スコットランド」
・ヨハン・シュトラウス / 美しく青きドナウ
・シューベルト / 「ロザムンデ」序曲
・ブルックナー / 交響曲第6番 1楽章

10月13日
9:15〜
・メンデルスゾーン / 「フィンガルの洞窟」序曲
・ブラームス / セレナード第1番
・シベリウス / フィンランディア
・ベートーヴェン / 交響曲第3番「英雄」 4楽章
15:30〜
・チャイコフスキー / 組曲「白鳥の湖」より
  前奏曲,情景,ワルツ,大きな白鳥の踊り,小さな白鳥の踊り,終曲
・シベリウス / 「カレリア」組曲
・チャイコフスキー / 交響曲第5番
・モーツァルト / ディベルティメント K136 1楽章
19:30〜
・ラフマニノフ / 交響曲第2番 1,3楽章
・ブルックナー / 交響曲第8番 4楽章
・シベリウス / 交響曲第6番
・ウェーバー / 歌劇「魔弾の射手」序曲

10月14日
9:20〜
・メンデルスゾーン / 交響曲第5番「宗教改革」
・ブラームス / 悲劇的序曲
・シューマン / 交響曲第4番
・チャイコフスキー / 交響曲第4番 1,3,4楽章[指揮:Kさん]

記載の無い曲目の指揮はSuさんです☆


1日目の始まりは下手寄りの分布でしたが夜には低音弦の方々が徐々に集まり、
上手と下手のバランスも整い、とても充実した合宿になりました。
やはり管楽器とティンパニが勢ぞろいすると迫力が違いますね。
難曲・大曲が目白押しの26曲でした♪
Date: 2013/10/18(金)


9月28日のフロイント
2013年9月28日のフロイントは

ハイドン:交響曲第104番「ロンドン」
シベリウス:交響曲第2番
メンデルスゾーン:交響曲第3番 「スコットランド」

リクエストは

ブルックナー:交響曲第9番
ベートーヴェン:交響曲第9番
シベリウス:交響曲第5番
シベリウス:交響曲第2番
メンデルスゾーン:交響曲第3番 「スコットランド」
ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲
ニコライ:ウィンザーの陽気な女房たち

指揮はSuでした。

お馴染みのロンドンで始まったフロイント。この頃弦楽器が充実しているので、嬉しく、そしてプレッシャーも感じながら振っています。
慣れてきてとても流れが良く演奏できたのではないでしょうか。

リクエストはまずシベリウスの2番
シベリウス好きは、あまり1,2番が好きではない人が多い、という話を聴きますが、
やはり代表曲だけであって、わかりやすさとシベリウスらしい綺麗な旋律、美しいハーモニーがそこかしこに表れる名曲だと思います。
テンポの変わり目も多く、大変だったと思いますが、とてもいい音がしていたと思います。

最後に余った時間でメンデルスゾーンの四楽章、体力的には厳しかったでしょうか(汗)
思ったより時間がかかり、5分押しで終わった28日のフロイントでした。
Date: 2013/09/29(火)


今週のフロイント
2013年9月14日のフロイントは、

 モーツァルト  交響曲第32番(指揮なし)
 ハイドン    交響曲第85番「王妃」(指揮なし)
 シューベルト  交響曲第5番(指揮:Suさん)
 ビゼー     アルルの女(指揮:Suさん)
          第1組曲より「前奏曲」「カリヨン」
          第2組曲より「ファランドール」
でした。

リクエストは
 ワーグナー     楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
 ビゼー       アルルの女 第1・2組曲
 シューベルト    交響曲第5番
 チャイコフスキー  交響曲第5番
 メンデルスゾーン  交響曲第5番「宗教改革」
 ベートーヴェン   交響曲第5番「運命」
 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番

でした。5番まみれ……どなたか狙ってたでしょう?

少人数・高音寄りのメンツで始まりかけたら、
救世主のチェロが登場しました。

モーツァルトは10分くらいの小さな曲。
「序曲」って呼ばれるそうですね。
そういえば誰かが「どっちからやる?」に対して
「そりゃー序曲でしょう」と言ってはったような。

ハイドンは、吹きながら何かの曲と似てる!とずっと
思ってたんですが、思い出せませんでした。
ハイドンの他の曲と勘違いしてるのかな…
2楽章(たしか)のフルートが可愛らしくて好きです。

シューベルト、個人的にこの曲はとってもお気に入り。
Suさんが「対話の曲」って言ってはりましたね。
もう何度かやってて耳に馴染んでいるし
意識はしたつもりだけど…
大好きな1楽章の展開部(?)が、譜めくり失敗して入れず……
超くやしい。リベンジしたい。

最後はアルルを抜粋で流しました。
今回の3曲はどれも耳馴染みのあるものばかりでしたが、
やってみるとこんなにキツイのか!と、ぜーぜー言ってました。
全部やると死にそうですね。

でも楽しかったです…特にカリヨンが。
弦楽器が気持ちよさそうに弾くメロディを聴きつつ
管は冒頭からひたすら4分音符ですが、
これが案外面白くて妙にハマってしまいました。

今日も楽しかったです〜。
Date: 2013/09/15(日)


2013年8月31日​のフロイント
2013年8月31日​のフロイントはSuさんの指揮で、

ベートーヴェン     交響曲第3番「英雄」
ブラームス       交響曲第4番

でした。


リクエストは(ホルン4管の曲?)ということで、

ブラームス      交響曲第3番
ブラームス      交響曲第4番
チャイコフスキー   交響曲第3番から第1、5楽章
チャイコフスキー   交響曲第4番
チャイコフスキー   交響曲第5番
フランク       交響曲
ラフマニノフ     交響曲第2番
ブルックナー     交響曲第8番
ショスタコーヴィチ  交響曲第5番
スメタナ       ボヘミア&ターボル&ブラニーク

でした。


「みんな実はそんなに”エロイカ”が好きだったんだ?!」と思わせるほど人が集まった今週のフロイント。
ほぼ完ぺきな編成でうしろを固める管楽器さん。ヴィオラ4本も貴重な光景。始まる前からワクワクしました。

指揮者より伝えられていた通り、軽快に始まったエロイカ。
軽快ながらもさすがに音が分厚くてかっこいい。
2楽章は葬送行進曲ということで、Vnのビブラートの注意なども受けつつ、荘厳な音楽はシビれました。
3楽章はpとfの差をはっきりつけたい、ということで弦の飛ばしは聞こえなくてもいいくらい、とのことでしたがそれがまた難しい&緊張。ベトベンの遊びは表現できていたのでしょうか・・❓((+_+))
4楽章の最後Prestoは指揮者宣言のごとく急加速で、一個音がズレたらもう追いつけなかったですが、盛り上がりました。
こんなに一生懸命な大人たちっていいですね。(笑)

リクエストは見事に重たーい曲並びましたがブラ4が当選。
ちょっとさらった時期もあったのに、やっぱり忘れたころにやってくるとこがニクイです。
1楽章の切ないメロディを久しぶりに聞きました。いいなぁ、あれ。
綺麗な調べの2楽章が終わると、3楽章は「カーニバル!」のイメージ。しかし、かなり慌ただしいお祭りで、あっという間に怒涛のラスト。
4楽章はエロイカと同様、最後が速かったですが、「こんなの弾けないよ。。」といつも思っている音がちゃんと聞こえてきたので、これを弾けてる方たちがいるんだと思うと、ホントに「フロイントはやっぱりカッコイイ!」と思うのです。

2曲しか演奏しなかったけど、めちゃくちゃ濃かった今週のフロイントでした!
Date: 2013/09/05(木)


2013年8月24日のフロイント
2013年8月24日のフロイントは

シューマン:マンフレッド序曲
ハイドン:交響曲第92番「オックスフォード」
シューマン:交響曲第3番「ライン」
J.シュトラウス2世:こうもり序曲 指揮:S

他リクエスト曲は
モーツァルト:交響曲第33番
ブラームス:悲劇的序曲
C.P.E.バッハ:シンフォニア第3番
でした。


マンフレッドも、もうかなりの数してきましたので、慣れて?きたような気がしています。

マンフレッド、ラインともにいい曲ですね。旋律が美しく、ハーモニーの移り変わりが芳醇で、とても好きな作品、作曲家です。
ハイドンのオックスフォードは私は初めてでしたが、2楽章、4楽章ともにハイドンぽさが良くでているなあ、と思いました。
最後に余った時間でこうもりを行って楽しく?終わったフロイントでした。
Date: 2013/08/29


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
006324
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71