アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
2014年3月8日のフロイント
2014年3月8日のフロイントは

Suさんの指揮で
♪シューマン / 交響曲第2番
☆ハイドン / 交響曲第95番
☆ベートーベン / 交響曲第2番
 ♪・・・予告曲
 ☆・・・当日リクエスト曲

その他リクエスト曲(落選)
 ・モーツァルト / 交響曲第36番『リンツ』
 ・ベートーヴェン / 交響曲第4番
 ・ベートーヴェン / 『コリオラン』序曲
 ・ウェーバー / 『魔弾の射手』序曲
 ・ショスタコーヴィチ / 交響曲第5番『革命』
でした。


聴き込んで行ったのに全く手が出せなかったシューマンさん…
聴いていたイメージと譜面が違いすぎまして(-_-;)
スピード感、ちょっと好きになってしまいました。

シューマンが良い音鳴らしになったのかな?
皆さん音が鳴ってきています♪
と指揮者さんから前向きなお言葉を頂きながらハイドンさんを流し、
先々週のリベンジなるか(?)といざベートーヴェンさんへ!
14名とは思えない演奏でビックリ致しました。
各パートに1名引っ張る方がいらっしゃると、
全然違う合奏になるんですね。

指揮を見る余裕は皆無だったのですが、
台から後方へ踏み外された時だけ何故かしっかり目撃していた今夜のフロイントでした♪
Date: 2014/03/21(金)


2014年3月1日のフロイント
本日のフロイントは、指揮なしで

モーツァルト   交響曲第33番
ベートーヴェン  「エグモント」序曲
メンデルスゾーン フィンガルの洞窟
ハイドン     交響曲第101番「時計」

でした。

リクエストは

メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
メンデルスゾーン フィンガルの洞窟
ハイドン     交響曲第101番「時計」
ハイドン     交響曲第104番「ロンドン」
ベートーヴェン  「エグモント」序曲
ベートーヴェン  「コリオラン」序曲

でした。

本日は10人と少人数。
でも意外と音域のバランスがよくて、
なかなかに楽しかったのではないでしょうか。

みんなで輪っかになって演奏しました。
交響曲をVnの隣で吹いたのは初めてかも。
2nd Vnがどのようなことをやっているのか
ダイレクト聞こえてきて新鮮でした。

モーツァルト33番は私は初めて(多分)。
ニガテ意識が強いモーツァルトさんですが、
この曲はやっていてとても楽しかったです。
颯爽としていて心地よいかったです。

入りが合わない・小節がずれるなど
苦労するところもありましたが、
全員がタイミングを合わせようとしたり
乱れても立て直そうとする集中力が感じられました。
みなさんすごいですw
Date: 2014/03/02(日)


2014年2月15日のフロイント
本日のフロイントは、Suさんの指揮で

ベートーヴェン  交響曲第7番
ブラームス    交響曲第3番

でした。

リクエストは

ブラームス    交響曲第3番
ブラームス    ハイドンの主題による変奏曲
ブラームス    セレナーデ第1番
ドヴォルザーク  交響曲第6番
ドヴォルザーク  交響曲第7番
ドヴォルザーク  交響曲第9番「新世界より」
シューマン    交響曲第2番
ハイドン     交響曲第101番「時計」
カリンニコフ   交響曲第1番

でした。

ベー7はやるたびに底抜けに溌剌とした感じを受けますね。
そんなリズミカルな楽章もいいけど(しんどいけど)、
2楽章の冒頭の徐々に楽器が重なっていくところがいいw
今回も気持ちよかったです。

Suさんが以前ブラ2でニ長調について語っていましたが、
今回はブラ3でヘ長調について語っておられました。
ヘ長調は「牧歌の調」とのこと。
曰く、「ブラ3は渋く渋くやろうとしがちだけどそうじゃない」。

渋く渋く…たしかにそんなイメージあるかも?
ブラームスの交響曲で3番が1番好きというと、
「渋いね!」と言われます(それは趣味の話)。

2楽章なんかは本当に牧歌っぽいし、1楽章の締めも。
(そういえば全楽章、静かに終わりますね)
ちなみに私はどの楽章も好きですが、特に4楽章の緊迫感がいい。
ひたすら迫り来るようなぞくぞく感がたまりませんw
Date: 2014/02/17(月)


2014年1月18日のフロイント
本日のフロイントは、

モーツァルト   交響曲第36番「リンツ」(指揮なし)
メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」(指揮:Oさん)

でした。

リクエストは

ロッシーニ    歌劇「セミラーミデ」序曲
ドヴォルザーク  交響曲第6番
ベートーヴェン  交響曲第1番
ベートーヴェン  交響曲第5番「運命」
ベートーヴェン  交響曲第7番
ハイドン     交響曲第104番「ロンドン」
ブラームス    ハイドンの主題による変奏曲
メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」

でした。

前半は指揮者不在で、コンマスさんの指示でリンツが始まりました。
たまに指揮不在でやると、普段にはない妙な緊張感(笑)があって、
これはこれで楽しいと感じる時があります。
(あくまでたまにやる分には、ですが)

スコッチは慎重めなテンポだったので
ついていけるかな〜と思いましたが、
これはこれで難しい(そしてスタミナもたない)ですね。
フルートさん不在につき何度も落ちかけたのは秘密です。

ハイバリも当選していましたが、
スコッチで9時になって終了した本日のフロイントでした。
リベンジあるかな?
Date: 2014/01/22(水)


2013年12月21日のフロイント
2013年12月21日のフロイントは、Sさんの指揮で

 ベートーヴェン  交響曲第1番
 チャイコフスキー 交響曲第5番

でした。

リクエストは<ホルン3本以上>の条件のもと、

 ドヴォルザーク    交響曲第6〜9番
 チャイコフスキー   交響曲第5番
 ショスタコーヴィッチ 交響曲第5番
 ブラームス      交響曲第1番
 ブルックナー     交響曲第1番

でした。大曲揃い踏み!

今日は弦楽器が全パート揃っていて人数も多く、
管楽器も全体的に充実していました。
わくわくしながらまずベー1。
何度もやっている曲ですが、今日はパートが充実していて
音が厚かったですね(演奏も熱かった)。

後半はチャイ5。やるのは嫌いですが曲は好きです。
2楽章冒頭の弦楽器、低弦から2ndと厚みを増やした中
登場するHrがかっこいい〜!

みなさん場数を踏んでいるせいか、
4楽章は時々指揮者無視で暴走しましたが、
最後は景気良く締めくくった本日のフロイントでした。
Date: 2013/12/22(日)


2013 年 12 月 14 日のフロイント
2013年12月14日のフロイントはKadさんの指揮で、

ベートーヴェン   第九(のれんしゅう。)

でした。

ちょっと少なめの人数で4楽章からのスタート。
チェロは初めいなかったので、Kadさんが指揮者とチェロ、一人二役を。
と思ってたら、Natさん登場。あとで歌もあったから、チェロはNatさんにパスできて良かったですね。(笑)

ホントに久々の第九は、やっぱり「うーん。。(-_-;)」。
ベートーヴェンの曲はどれも難しいけど、どうして9番(4楽章)だけここまでしたんだ!と思いながらいつも弾いています。

4楽章の年末フレーズが出てくるところ、Natさんのソロをみなで静かに聴きながら、ビオラ・管楽器にメロディが移るとチェロは低音で動き、1st、2ndVnが出ていくと2ndがごにょごにょ動くんだなぁ、っていうのだけこっそり楽しんでいました。

ちょっと時間オーバーしてしまったけど、Kadさんの熱い指揮で終わった今週のフロイントでした!
Date: 2013/12/21(土)


2013年11月30日のフロイント
2013年11月30日のフロイントは

♪シューマン / 『マンフレッド』序曲 (指揮:Suさん)
★モーツァルト / 交響曲第40番 (指揮:Suさん)
☆ブルックナー / 交響曲第8番、4楽章 (指揮:Uさん)
☆ハイドン / 交響曲第104番 『ロンドン』、1・2楽章 (指揮:Uさん)
 ♪…予告曲
 ★…当日"指揮者さん選曲"曲
 ☆…当日リクエスト曲

その他当日リクエスト(落選)
・ブルックナー / 交響曲第1番、4楽章
・レハール / 『金と銀』
・モーツァルト / 交響曲第41番 『ジュピター』
・モーツァルト / 交響曲第38番 『プラハ』
・ハイドン / 交響曲第80番
・ドヴォルザーク / 交響曲第9番『新世界』
でした。
激戦になった投票。
決戦投票にてブルックナーさんVSハイドンさんVS モーツァルトさんの三つ巴(笑)


今年の予告曲最多出場では?
の『マンフレッド』。
なかなか難い音程というか旋律…と感じていますが、
皆様慣れた感じで素敵でした!
最後の木管さんによるそれまでの空気を一新させる暗示的テーマ入り後のVn2nd出の合図、
いつもSuさんが神に見える瞬間であります(^^ゞ

モーツァルトさんの40番を
"暗い"と思うか"明るい"と思うか。
人によって違うんですね♪
私は後者のイメージで挑みました。
皆様は如何でしょうか?

激戦に勝ち抜いたブルックナーさん。
兎に角ホルンさんとヴィオラさんの音を探しまくりましたが無理です┐('〜`;)┌
金管さんと低弦さんが楽しそうでした☆
Uさんの歌&時おり此方の譜面台位置まで腰を落として振って下さる指揮に甘えつつ、
その流れで高速ハイドンを終えると21時2分!!

汗だくで終わった今夜のフロイントでした。
Date: 2013/12/01(日)


今週のフロイント
2013年11月16日のフロイントは、

 モーツァルト  交響曲第38番「プラハ」(指揮:Saさん)
 ドヴォルザーク 交響曲第8番(指揮:Uさん)
 シューベルト  劇付随音楽「ロザムンデ」序曲(指揮:Uさん)

でした。

着いたらガランとしていたので、今日は少ないなーと思っていたら、
直前に一気に集まりましたね。Vcが2プル、Vaも前半2プルw
弦パートが充実すると、厚みが出て楽しいですね。

未だにモーツァルト=難しいという図式から
解放されない私です(毎回言ってるかも)。
いつか仲良しになれるでしょうか。
仲良くなれなくてい〜ってなってた私以外は
皆さん手慣れたもので、さらりとこなしてらっしゃったような。

次のドヴォルザークの譜面が配られた時、Flの影譜が目に入って
「あ、次はドボ8か」と思ったのですが、
譜面のタイトルにはっきりと「4番」って書かれてました。
今更だけど、なんで? 作曲順と発表順が違うとか、そんなんですかね。

ドヴォルザークは個人的に7番が好きで8番は興味なかったのですが、
フロイントで何回かやるうちに、だんだん好きになってきました。
なんといっても一番冒頭がしびれます〜。
しばらく頭にこびりついてました。

最後15分でロザムンデを流して(私だけ)息も絶え絶えになって、
9時ちょうどに終わった本日のフロイントでした。
(いや、ロザムンデ大好きですよ!)
Date: 2013/11/17(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
006319
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71