アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
2014 年 6 月 7 日のフロイント
6月7日のフロイントは、Kさんの指揮で

ドヴォルザーク  交響曲第8番
スッペ      喜歌劇「詩人と農夫」序曲
ベートーヴェン  交響曲第5番「運命」

でした。

リクエストは

ムソルグスキー  交響詩「はげ山の一夜」
ベートーヴェン  「プロメテウスの創造物」序曲
ベートーヴェン  交響曲第5番「運命」
ウェーバー    歌劇「オイリアンテ」序曲
シベリウス    交響詩「フィンランディア」
ブラームス    交響曲第3番
メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
ベルリオーズ   序曲「ローマの謝肉祭」
スッペ      喜歌劇「詩人と農夫」序曲

でした。

フロイントに入ってからなんどか演奏する機会のあったドボ8。
最初は6〜7番に比べてあまり好きな曲ではなかったのですが、
何度かやるうちに好きになってきました(するめ効果)。
冒頭の低音がしびれます。

詩人と農夫はいろんなフレーズが入れ替わり立ち代わり登場して、
これぞオペラの序曲って感じの勢いがありますね。
シンコペでわたわたしててああ〜ってなってたのは内緒です。
そんな中、序奏部のVcソロがかっこよかったですw

運命の第1楽章は、よく耳にするのとはちがった
速度指示や間のとり方での演奏でしたね。
本当に指揮1つで全然曲調が変わって面白いなーと思いました。
(自分がそれに応じられるどうかはおいといて)
Date: 2014/06/11(水)


2014年5月31日のフロイント
2014年5月31日のフロイントは

指揮者無しで
・ハイドン / 交響曲第85番 『王妃』
・ハイドン / 交響曲第98番
・モーツァルト / 交響曲第41番『ジュピター』 1,3,4楽章
でした。

3楽章に来てはじめて
"あっ、フロイントさんで聴いたことある!"
と気付いた85番。
前半2曲は"あまりやっていない曲"という主旨での選曲だったようです。

98番
『ハイドンですから何か仕掛けてくるかもしれません。』
コンマスさんの予見でゆっくり目合奏。
"えっ?ハイドンさんてそんな茶目っ気のある人なの?どこやろう?"
ファゴットさんを軸に皆でエチュードの練習をしている様な感覚(笑)で終わってしまいました(T-T)
仕掛け…(?_?;)))

何度もやっているはずのジュピター。
掛け合いがずれているのか合っているのか不明でしたが、
『低音カッコヨカッタですね♪』
と仰られていたOさんのキラキラオーラで
複雑骨折した心が癒やされた今夜のフロイントでした♪
(スミマセン、超絶主観です。)
Date: 2014/06/06(金)


2014年5月24​日のフロイント
2014年5月24​日のフロイントは

Oさんの指揮で、

モーツァルト    交響曲第31番「パリ」
ベートーヴェン   「コリオラン」序曲

Kadさんの指揮で、

チャイコフスキー  交響曲第6番「悲愴」

でした。

リクエストは、

ブラームス      交響曲第3番
シューベルト     交響曲第8番「グレート」
チャイコフスキー  交響曲第6番「悲愴」/幻想序曲「ロミオとジュリエット」
ベートーヴェン    交響曲第3番「英雄」
モーツァルト     「フィガロの結婚」序曲/「コシ・ファン・トゥッテ」序曲
ドボルザーク     交響曲第8番/第9番

でした。


少なめながらも割りとまんべんなく揃った今週のフロイント。
パリの終楽章で、いつもゆっくりめな指揮のOさんが「イメージちょっと早いです。」と言ったので、個人的には構えてしまい走ってしまったなーって。スミマセン。
ちゃんと指揮を見なくては。

「悲愴」は、もう1楽章から中身激しすぎて。。。さっぱり、でした(-.-;)
しかし、弾いてる人は弾いていた!凄すぎです。
4楽章が終わる時、ある本に書いてた「ため息も出ないほどの静寂に場内が包まれる」という言葉をいっつも思い出します。

静かに終わった今週のフロイントでした〜。
Date: 2014/06/01(日)


2014年5月10日のフロイント
2014年5月10日のフロイントは

指揮無しで

★ハイドン / 交響曲93番
★ハイドン / 交響曲94番『驚愕』
☆シューマン / 交響曲第2番〜1,3,4楽章〜
★・・・当日決定曲
☆・・・当日リクエスト曲

その他当日リクエスト曲(落選)
・ベートーベン / 交響曲第3番『英雄』
・ベートーベン / 劇音楽『エグモント』序曲
・シューベルト / 交響曲第4番『悲劇的』
でした。


木管はファゴットさんだけという、
ある意味"驚愕"的少人数で始まった今夜のフロイント♪

何でも屋の異名をもつホルン隊の皆様&お久しぶりの打楽器(横浜支部より遠征)のご活躍により楽しい合奏になりました♪

ところで、
『ティンパニがビックリするくらい叩く』
というところは何処だったのでしょう?(注1)
"春の祭典"のティンパニを妄想して密かにドキドキしておりましたが、
私の中では平和に終わった94番でした。
(まだまだ未熟で全体の音を聴けていないということですね(--;)あぁ…残念)

〜 添付写真〜
一見トンチ式みたいですが右端の投票数を消すと、
『エロイカ』VS『エロイカ阻止勢力』
の構図が読み取れる様な…読み取れ無い様な(笑)

室内楽的雰囲気でホッコリ癒された今夜のフロイントでした。



注1. 後日、第二楽章16小節目辺りとご教示いただきました♪
   
Date: 2014/05/17(土)


2014年春合宿演奏曲目
5/3 1日目(指揮:Suさん)

15:00〜
ビゼー/組曲「アルルの女」第1組曲、第2組曲
ロッシーニ/歌劇「絹のはしご」序曲
ベートーヴェン/劇付随音楽「アテネの廃墟」序曲
グリーグ/組曲「ペールギュント」第1組曲、第2組曲
メンデルスゾーン/交響曲第3番「スコットランド」1〜3楽章

19:30〜
スコットランド 4楽章
マーラー/交響曲第5番 1,2楽章
ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」
スメタナ/交響詩「わが祖国」より「モルダウ」

5/4 2日目

9:30〜
ビゼー/交響曲(指揮:Uさん)
ブラームス/大学祝典序曲(指揮:Kさん)
ドヴォルザーク/チェコ組曲(指揮:Uさん)
ブラームス/交響曲第1番(指揮:Saさん)

16:00〜
チャイコフスキー/交響曲第5番(指揮:Kさん)
ドビュッシー/小組曲(指揮:Saさん)
スメタナ/交響詩「わが祖国」より「ボヘミアの森と草原」(指揮:Uさん)

19:30〜
ベルリオーズ/幻想交響曲 1,5楽章(指揮:Oさん)
サンサーンス/交響曲第3番「オルガン付き」(指揮:Uさん)
ドヴォルザーク/交響曲第6番(指揮:Saさん)

5/5 3日目

9:30〜
マイヤベーヤ/歌劇「預言者」序曲(指揮:Uさん)
シューベルト/劇音楽「ロザムンデ」序曲(指揮:Uさん)
ベートーヴェン/交響曲第7番(指揮:Kさん)
シューマン/交響曲第3番「ライン」(指揮:Kさん)
モーツァルト/交響曲第35番「ハフナー」 1,4楽章(指揮:Kさん)

以上、全23曲でした。
Date: 2014/05/06(火)


2014 年 4 月 26 日のフロイント
4月26日のフロイントは、Suさんの指揮で

メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
ロッシーニ    歌劇「チェネレントラ」序曲
スメタナ     交響詩「わが祖国」よりブラニーク
シベリウス    交響曲第5番 第3楽章

でした。

リクエストは

ブラームス    大学祝典序曲
ブルックナー   交響曲第4番「ロマンティック」
スメタナ     交響詩「わが祖国」より
          ボヘミアの森と草原から
          ブラニーク
シベリウス    交響曲第2番
シベリウス    交響曲第5番
ベートーヴェン  交響曲第5番「運命」
ロッシーニ    歌劇「チェネレントラ」序曲

でした。

スコッチは何回やっても難しいけど、大好きな曲。
ゆったり流れる3楽章が特に楽しかったです。

チェネレントラは私は初めてでした。
「シンデレラを元にしている喜劇」ということですが、
お話の設定は全然違うんですね(魔法使いも出てこない!)。
序奏を終えるといかにもな弾んだ楽しい曲でした。

わが祖国はかつて合宿で全曲ぶっ通しでやったときの
「とにかくキツイ」という記憶だけが刷り込まれてましたが、
(そんなんばっかしです、私)
ブラニークはとても好きな印象を受けました。
毛嫌いせずに聴いてみようかなと思います。
Date: 2014/04/30(水)


2014年4月19日のフロイント
2014年4月19日のフロイントは

Saさんの指揮で
・モーツァルト / クラリネット協奏曲
・モーツァルト / 交響曲第39番
・シューマン / 交響曲第3番『ライン』 1,5楽章

でした。


Nさんのクラリネット協奏曲♪
とっても優しい音色で初々しい感じが素敵でした。
初見であんなに吹けるなんて凄いです!
時折垣間見えるSaさんとの師弟的やり取り。
ずっと眺めていたい雰囲気でした。

私は二回目なのに全く解らず、
勘も外れまくり、これ以上この優しい音色を邪魔したくないと早々にリタイヤしてまいました(-_-;)
次回Nさんが演奏されるときには必ずリベンジ!!したいです!


十数名での『ライン』。
弦のスピード感とホルンさんの癒し感。
・木管一人でした〜
・フォルテ系が続くので結構疲労感あるのよ〜
なんて意見を伺いつつ、
私にはホッコリした演奏に聴こえた今週のフロイントでした。
Date: 2014/04/26(土)


2014年4月12​日のフロイント
2014年4月12​日のフロイントはSuさんの指揮で、

メンデルスゾーン  交響曲第4番「イタリア」
メンデルスゾーン  真夏の夜の夢 序曲
モーツァルト     交響曲第35番「ハフナー」
ベートーヴェン    交響曲第5番「運命」から第1、4楽章

でした。

リクエストは、

シューマン      交響曲第3番「ライン」
メンデルスゾーン  交響曲第5番「宗教改革」
メンデルスゾーン  真夏の夜の夢 序曲
モーツァルト     交響曲第35番「ハフナー」
ベートーヴェン    交響曲第5番「運命」から第1、4楽章

でした。


なんとなく、「イタリア」が予告曲になるって珍しいような?
私は1楽章が楽しくて好きです♪
2、4楽章になると重くて、「楽しかった1楽章の感じはどこに・・」っていつも思います。

真夏の夜の夢も、vnの中でもいっぱい分かれてて、いろんな音
が混ざるのが楽しいです。ただ、毎回言ってるけど、「一番エエとこ!」(グッとくるメロディ〜)、でどーーーーうしても落ちてしまって入れない。1stvnが気持ちよさそうに弾いてるのを横目で見ながら、(><)!(><;)!(><。)!って感じでした。

運命は全部できなかったけど、思いきり弾いて終われた今週のフロイントでした!

Date: 2014/04/21(月)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
006317
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71