アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
2019年12月21日のフロイント
2019年12月21日のフロイントは、

シューベルト 交響曲第3番
モーツアルト 交響曲第39番

ここまで指揮はSuさんでした。

(休憩)

ベートーベン レオノーレ序曲第3番(指揮 Uさん)
ハイドン 交響曲第100番「軍隊」1、2楽章

当選ラインは5票でした。

その他リクエストは

フォーレ 組曲「ドリー」
レハール 金と銀

でした。

第九の反動かやや少なめでしたが(弦6、管6)、管楽器が充実していて、演奏しているとそれほどの少なさは感じませんでした。

個人的には、シューベルトとハイドンが楽しかったです。
モーツアルトとベートーベンは譜面ヅラが難しいせいもあって、個人的にはもう一つでした。すいません。

フロイントは来週12月28日は有り。
年明けは1月4日はお休み。1月11日から再開です。
来週お休みの方は、よいお年を!
Date: 2019/12/22(日)


2019年12月14日のフロイント
2019年12月14日のフロイントは、阿倍野区民センターで合唱のゲストお招きして、

ベートーヴェン 交響曲第9番 「合唱付き」

でした。

指揮はSuさんでした。

前半は、4楽章を通しで確認して、後半は1楽章から全曲を通して演奏しました。

阿倍野区民センターの舞台は大きいので、合唱が十分に入る大きさで、客席も出したので、さながら演奏会の雰囲気がありました。

管楽器がコントラファゴットの参加があったり、トロンボーンも3本あったりとほぼ全パート揃ったほか、弦楽器も多くのゲストの方が参加されて、いつになく充実した編成となりました。

個人的にはちゃんと演奏できなかったところが多かったですが、このような立派なホールで、大好きな「第9」を演奏できたことあとても幸せで、あっという間に終わってしまったという感じでした。

来年もぜひやりたいと思います。
Date: 2019/12/15(日)


2019年12月7日のフロイント
2019年12月7日のフロイントは、

シューマン 交響曲第3番「ライン」 1、2、3、5楽章

(休憩)

チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」1、3楽章
ベートーベン 交響曲第9番「合唱付」1、2楽章

指揮はSaさん。当選ラインは7票でした。

その他リクエストは

メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」
ベートーベン 交響曲第8番
ベートーベン 交響曲第7番
ウェーバー 魔弾の射手 序曲
チャイコフスキー 組曲「くるみ割り人形」(次点)
ベートーベン レオノーレ第3番
ベートーベン レオノーレ第1番
サンサーンス 交響曲第3番「オルガン」

でした。

今日はトランペット2、ホルン2と揃ったこともあったかわかりませんが、久しぶりに「悲愴」をやりました。楽譜を出した時に「パリパリッ」という音がしたような・・・

どうなるかと思いましたが見事に通って個人的には楽しかったです。
Date: 2019/12/09(月)


2019年11月30日のフロイント
2019年11月30日のフロイントは、

Saさんの指揮で
バッハ 管弦楽組曲第2番

後半は指揮者無しで
シューベルト 交響曲第5番
ハイドン 交響曲第93番

その他リクエストは
モーツアルト 交響曲第39番
ロッシーニ セビリアの理髪師序曲
でした。

総勢10名(弦8、管2)でややシケ場ではありましたが、選曲も編成に合っていたようで気持ちよくやらせてもらいました。

それにしても管弦楽組曲2番、1曲目の最後のところは怖いです。
拍を数え間違えて落ちたら戻って来れない、と思うといつも緊張します。
後半の2曲は何度もやってきているので(たぶん)、一体感のあるアンサンブルだったと思います。
Date: 2019/12/01(日)


2019年11月23日のフロイント
2019年11月23日のフロイント

♪ベートーベン / 交響曲 第9番 より 1,2,3楽章 (指揮:Suさん)
☆フランク / 交響曲 ニ短調 (指揮:Yoさん)
♪・・・予定曲
☆・・・当日リクエスト曲

その他リクエスト曲
※ベートヴェン / 交響曲 第9番 4楽章
※シューベルト / 交響曲 第6番
※サン・サーンス / 交響曲 第3番「オルガン付き」
※モーツァルト / 「ドン・ジョバンニ」 序曲
でした。

今日は菅原さんのご子息がいらっしゃっていました。
『今日は楽器吹かないの?』と問うてた姿が印象的⭐
前回の演奏会からもう5年経つんですね。。。
あ、ちょうど5年前の今日でしたでしょうか?
早い!

貴重な第九予備練とあって凄い人で座れないかと予測していたのですが、座れてよかったです♪
第九、いやぁ〜難しい。
今年こそ1stさらってみようと合奏前に楽譜コピーしてみましたが、3楽章のあの速さには到底ついて行けそうにありません(^_^;)
皆さん凄いなーと感心しながら「今年も2ndで挑む」とその場で決意いたしました。
2楽章は最後以外は全部繰り返すとのこと!
集中力勝負。

後半のフランクは修行のようで。
拍子は変わるは、♭何個付けんねんとため息出る。
『全部♭付けてそこから付いていない音を引く』との案を頂戴致しましたが、全くもって無理でした(笑)
管の方って、何故間違いはらないんでしょう??
Date: 2019/11/24(日)


2019年11月16日のフロイント
2019年11月16日のフロイントは、

Yoさんの指揮で
ブラームス ドイツレクイエム 第2曲 第4曲

後半は
ベートーベン 交響曲第9番 第3楽章
ベートーベン エグモンド序曲
モーツァルト 交響曲第38番「プラハ」
ハイドン 交響曲第94番 「驚愕」 第1楽章

その他リクエストは
ハイドン 交響曲第100番 「軍隊」
ハイドン 交響曲第101番 「時計」
ハイドン 交響曲第85番 「王妃」
でした。

ドイツレクイエムは、曲知らないし、divばかりで下の音とっさに判別出来ないし、調性もフラットが5とか6とか・・・。
不協和音を量産しまくりました(^^ゞ

レクイエムという名称から、モーツァルトのイメージがあって、てっきりブラームス晩年の作品かなと思ってたら、若い頃の作品だったんですね。意外でした。

休憩時に、フルート、ホルン各1名参加されたので、フルートが2名になり、シューベルトの5番がボツとなりました。
あんなステキな曲なのに、なぜフルート1本なんだろう?

ホルンは、グットタイミング。
第九の第3楽章ですもんね(笑)

ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、ブラームスと今回も音楽史を旅するような豊かな内容でした(大袈裟か・・)
けど疲れました。生中が旨かったです。
Date: 2019/11/20(水)


2019年11月9日のフロイント
2019年11月9日のフロイントは、

Saさんの指揮で
ベートーベン 交響曲第8番

後半は
Yoさんの指揮で
ワーグナー ジークフリート牧歌
Saさんの指揮で
チャイコフスキー 交響曲第5番 第1,2,4楽章

その他リクエストは
ドボルザーク 交響曲第7番
メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
モーツァルト 「ドン・ジョバンニ」序曲
メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
ドボルザーク チェコ組曲
でした。

今、ドラマ録画中です。
バイオリン教室で知り合った3人のストーリーです。
バイオリンを一から始める設定や
波瑠が演じる主人公のドラマ上での名字が結構珍しい名字で、偶然にも、大学の一つ上の女性のビオラの先輩と同じだったので、大学時代に戻ったようなハイな気分で、第1話から観ていたのですが、次第にテンション下がってきました(^^ゞ
観ている人には申し訳ないのですが、お決まりの展開かというか・・。

最近のドラマの傾向として、恋愛ものの視聴率が苦しく、警察もの、医療ものがはやりというのも分かるような気がしました。

本題に戻って・・・
フロイントですが、前回は管楽器が充実していたということでしたが、今回は弦のバランスが良かったですね。
ティンパニーも入っていつもと違った迫力もありました。
そしてビオラは4人(も)いました。
特にチャイ5の第2楽章冒頭、4人の有り難みをひしひしと感じました(笑)
いつもこれくらい居てくれたら存在感を示せるのになぁと。

ワーグナーは私自身はフロイントで初めてかも。
挙手しましたが、まさか選ばれるとは・・・。
転調がめまぐるしく、案外長くて大変でしたが、チャイコにせよ、ワーグナーにせよ、この時代の作曲家になると、実にいろんなビオラの使い方をするなぁと思います。
そこがまた(弾けなくても)肌で感じて面白いです。

来週も存在感を示せることが出来るでしょうか(^^)
Date: 2019/11/12(火)


2019年11月2日のフロイント
2019年11月2日のフロイントは、

★ シューベルト 交響曲第3番(指揮:Yoさん)
☆ ブラームス ハイドンの主題による変奏曲(指揮:Saさん)
☆ ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」(指揮:Yoさん)

でした。

その他のリクエストは、
・ベートーヴェン 交響曲第3番「英雄」
・ウェーバー 「魔弾の射手」序曲
・ブラームス 交響曲第3番
・ラフ 交響曲第6番
・メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
・メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
・シューベルト 交響曲第7番「グレート」

前週までは人数が少ない日が続いていましたが、管楽器が充実して始まった今週のフロイント。
やはり楽器が揃うと合奏してても楽しいもんですね。
でもハイドンバリエーションは難しかった。。。

最近はまた見学に来られるゲストの方も増えてきて、いい感じになっているように思います。
このまま定着してくれるといいですね。
Date: 2019/11/08(金)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
008513
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71