アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
2019年4月27日のフロイント
2019年4月27日のフロイントは、

モーツァルト 交響曲第24番から1楽章
ベートーヴェン 交響曲第8番
ハイドン 交響曲第39番
ハイドン 交響曲第101番「時計」から第1、2、3楽章

でした。

その他リクエストは、

モーツァルト 交響曲第25番
メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
ウェーバー 魔弾の射手

でした。

みなさん、気分はもう合宿だと思いますので、曲目だけで失礼します^_^;
Date: 2019/05/03(金)


2019年4月20日のフロイント
2019年4月20日のフロイントは、

バッハ 管弦楽組曲第3番
後半は
モーツァルト 交響曲第27番
ハイドン 交響曲第85番「王妃」
ハイドン 交響曲第45番「告別」から第4楽章

その他リクエストは
バッハ ブランデンブルク協奏曲第1番
モーツァルト 交響曲第14番
モーツァルト 交響曲第25番
ハイドン 交響曲第88番「V字」
でした。

管楽器はフルートとホルンだけでしたが、弦はバランス良く揃ってました。

メジャーな「V字」よりマイナーな「王妃」が圧倒的大差で選ばれたのが、なんともフロイントらしいな〜と思いました。

「告別」は時間が余ったので、急遽決まったのですが、シャープが6個という、どの音もシャープで弾いてしまえみたいな感じの調性でも、NさんとTさん、お二人お見事でしたね。

今回、久々にバイオリンで参加しました。
行く前に2年ぶりで恐る恐る楽器ケース開けると弓の毛バラバラ、弦下がりまくりでひどい状態でしたが、とりあえず調弦だけして参加。

久しぶりのト音記号と、メンテナンスもしてなかったので、ひどい音での演奏でしたが、バッハ、モーツァルト、ハイドンだったので、落ちてもなんとか復帰出来ました。同じ楽器の人に囲まれているっていいですね(^^)

せっかくなので、ちゃんと毛替えして弦も替えてまたチャレンジします。しばらくはバイオリンの末席に加えていただければ。。。
Date: 2019/04/25(木)


2019年4月13日のフロイント
2019年4月13日のフロイントは

モーツァルト交響曲第35番「ハフナー」
リクエスト当選曲は
シューベルト「ロザムンデ」序曲
シューベルト交響曲第5番第1、2、4楽章
モーツァルト交響曲第39番第1、3、4楽章

全曲、Sさんが吹き振りしてくれました。

リクエスト落選曲は
ベートーヴェン交響曲第1番
ベートーヴェン交響曲第4番
シューベルト交響曲第7番「未完成」
ヘンデル「水上の音楽」
ベートーヴェン序曲「プロメテウスの創造物」

今日はヴァイオリンが3名と少なく、ヴィオラ2、チェロ2、ベース1という編成で、そのせいか低弦がよくきこえました。いつもは聴こえない音がいっぱい聴こえて新鮮に感じました。
個人的にはシューベルトは休みなく吹いていてしんどかったです。
少ない人数で指揮なしだと奏者が互いに聴きあって合わせているのがわかって、だんだん慣れてきたら「ここはこうしたい」みたいな方向にみんなで流れて行けて楽しかったです。
Date: 2019/04/14(日)


2019年4月6日のフロイント
2019年4月6日のフロイントは、
ベートーヴェン 交響曲第2番
ハイドン    交響曲第100番「軍隊」
ハイドン    交響曲第101番「時計」第1〜第3楽章

でした。
その他リクエストは、
・メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
・メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
・ドヴォルザーク  交響曲第6番
・ハイドン     交響曲第90番

でした。
今日はVn×6、Vla×2(1)、Vc×2、Cb×1、Fl×1、Cl×2、Hr×2と比較的バランスのよい編成でした。

ベートーヴェン2番は久しぶりでしたが全体的に難しいですね。
明るい軽い曲のイメージとは対象的でした。
リクエストは以外にもハイドン2曲が当選しましたが軍隊はラッパと太鼓があればよかったかも。。。いずれもモーツァルトが死んでから作られた曲なのですね。以外にこれらの曲ってプロのコンサートでもやらないですね。そういう意味では、ハイドンの90番は一度生で聴いたことがありますがC-durでユーモアのある曲です。ホルンがベートーヴェン2番より高い音を出すフレーズもありますが、最後の第4楽章で「終わった!」と思ったらまだ続きがある、という感じです。

本題に戻りましてハイドン100、101の中では特に100の第3楽章が気品があって個人的に好きです。こういう曲を完璧に弾ければいいなと思いつつ、なかなか道のりが険しそうです。
Date: 2019/04/10(水)


2019年3月30日のフロイント
2019年3月30日のフロイントは、

シューベルト 交響曲第3番(指揮:なし)
ハイドン   交響曲第83番「めんどり」(指揮:Y)
ベートーヴェン交響曲第5番「運命」(指揮:Y)
でした。

その他リクエストは
メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」
ハイドン     交響曲第93番
シベリウス    悲しきワルツ
ウェーバー    魔弾の射手 序曲

でした。

昨日は雨のためか、参加者は13人のみでした。

シューベルトはコンパクトに纏められているにも関わらず、オーケストレーションが非常に充実した印象を受けます。確か18歳で完成した曲だと認識していますがさすが天才が作った曲ということはあります。

ハイドンは誰も曲を知らないということで探り探りの演奏になったように思いました。(リクエストした人が知っているとあてにしていましたが(笑))

最後のベートーヴェン5番はかなり久しぶりでは?
この曲は指揮が非常に難しくて一度レッスンで教えてもらったことがあります。休符とフェルマータをどの程度の長さとして振るかを決めておかないといけないということでした。

話は変わりますが、いよいよ年号が明日発表されます。どんな年号になるか楽しみです。昭和が2つ前の年号になるんですね。
Date: 2019/03/31(日)


2019年3月23日のフロイント
2019年3月23日のフロイントは

モーツァルト

交響曲第27番
交響曲第22番
交響曲第23番
交響曲第28番
交響曲第30番最終楽章

無投票でした。

本日は編成優先で曲を決めてしまいました。
Vn3、Va1、Vc2、Cb1、Fl1、Hn1

モーツァルトづくしになりました。
この辺りの曲をやると、モーツァルトに遊ばれてるというか、モーツァルトって遊んでるよな、と思うことがあります。

ホルンさんの動きを聴いてると平和を感じました。大変なことあまりさせられてなくて。
Date: 2019/03/24(日)


2019年3月16日のフロイント
2019年3月16日のフロイントは、

Sさんの指揮で
ベートーベン  交響曲第3番「英雄」
後半は 
ハイドン 交響曲第104番「ロンドン」
モーツァルト 交響曲第35番「ハフナー」 から第1楽章 第4楽章

その他リクエストは
ドボルザーク 交響曲第8番
ドボルザーク 交響曲第6番
シューマン 交響曲第3番「ライン」
ハイドン 交響曲第94番
ハイドン 交響曲第101番「時計」
メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
でした。

いつも前半は軽めの曲というイメージに馴れきっていたので、いきなりの「英雄」全曲通しでグタッとなりました。

最後の「ハフナー」の頃には、スタミナ切れで細かい音符に目も指もついて行かなかったです。

とは言え、「英雄」も「ハフナー」も知ってる曲なので、馴染んでる箇所はガシガシ音出せるという快感みたいなのは味わえました。
やはり参加しないと、良い週末を迎えた気がしないですね。

今回は久々にティンパニーの音も加わって良かったです。
Date: 2019/03/23(土)


2019年3月9日のフロイント
2019年3月9日のフロイントは、

ベートーベン コリオラン序曲
モーツアルト 交響曲40番

=== 休 憩 ===

モーツアルト 交響曲第25番
バッハ 管弦楽組曲第3番(Air以外)
ハイドン 交響曲第94番「驚愕」 1楽章

バッハとハイドンの指揮はYさんでした。

その他リクエストは、
「未完成」、「ライン」、シューマンの2番、
「田園」「ドボ8」でした(落ちた曲は簡単に)。

有権者12名。当選した曲の最低得票は4票でした。

編成と時間の関係でバッハはAir無し、驚愕は2楽章無しになりましたが「サビ抜き」との声もありました(笑)。
個人的には久々に管弦楽組曲の3番ができましたし、たくさん音符を弾いたフロイントでした。

意見はいろいろあると思いますが、小編成の日は小編成の曲をした方が
気持ちよく演奏ができるように思います。
とは言え毎回小編成の曲ばかりやるのも寂しいですし、大人数の時はにぎやかな曲もやれればと思います。
Date: 2019/03/19(火)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
000601
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71