アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
2016年4月9日のフロイント
2016年4月9日のフロイントは

yoさんの指揮で
ベートーヴェン 交響曲第1番
suさんの指揮で
ドヴォルザーク 交響曲第7番
ハイドン 交響曲第101番「時計」第1楽章
でした。

リクエストは、
 ・ドヴォルザーク 交響曲第7番(10票)
 ・ショスタコーヴィチ 交響曲第5番(8票)
 ・メンデルスゾーン 交響曲第5番(7票)
 ・シベリウス 交響曲第6番(6票)
 ・シューマン 交響曲第4番(5票)
 ・ブルックナー 交響曲第8番(4票)
・シベリウス 交響曲第3番(4票)
 ・ハイドン 交響曲第101番「時計」第1楽章(3票)
でした。

ほぼまんべんなく各パートが揃った,今週のフロイント。
ベー1の後のリクエストでは,大きな交響曲が並び,選ばれたのは
ドヴォルザークの7番でした。

ドヴォ7は,ドヴォルザークらしからぬ難曲で,以前初めて弾いた
時は,6/8,6/4拍子の複雑なリズム多用も相まって,どこをやって
いるのか目を白黒させていた記憶がありますが,だいぶ慣れてきた
ように思います。

他の方々も滞りなく演奏を進めておられ,suさんの指示された最後
のMaestosoで4拍振りに移る箇所も問題なくクリア。

15分だけ余った残り時間は,suさんが選ばれた「時計」の第1楽章
で,21時ぴったりに終わった今日のフロイントでした。
Date: 2016/04/10(日)


今週のフロイント
2016年4月2日のフロイントは

Uさんの指揮で
◆ハイドン / 交響曲 第22番 『哲学者』
☆スッぺ / 『軽騎兵』序曲
☆ベートーヴェン / 序曲『献堂式』
☆モーツァルト / 交響曲 第36番 『リンツ』
☆ロッシーニ / 『どろぼうかささぎ』序曲

◆・・・当日選曲
☆・・・当日リクエスト曲

その他当日リクエスト曲
・モーツァルト / 交響曲 第38番『プラハ』
・ベートーヴェン / 『エグモント』序曲
・ベートーヴェン / 交響曲 第7番
・ベートーヴェン / ミサ・ソレムニス
・シューベルト / 交響曲 第6番
・ドヴォルザーク / 交響曲 第8番
でした。

今週もハイドンから始まったフロイント。

軽快なトランペットが格好良かったスッぺ。
「知りません!」と宣言しましたが、
途中どこぞで聞いた事のあるメロディーが。
テレビで使われていたのでしょうか?

リンツ/プラハ/ジュピターをやる度に
腹をくくってさらわな!と思うのですが、
いまださらえていない今日この頃。
今年こそは(>_<)

コンマスさんの3度下やんな…と思いつつ全く音が取れなかった『どろぼうかささぎ』。
divの部分、いつかリベンジしたいです。
鼠小僧とは違い真っ昼間に軽快に窃盗をしてそうな曲でした。(⬅個人的なイメージです)
divが多発・・・カササギは複数犯でしょうか?(⬅個人的な感想です)

Date: 2016/04/09(土)


今週のフロイント
2016年2月27日のフロイントは

Yさんの指揮で
モーツァルト 交響曲第33番
ハイドン 交響曲第92番「オックスフォード」
Kさんの指揮で
チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」より
第1楽章〜第3楽章
でした。

その他リクエストは、
・シベリウス 交響曲第3番 
        交響曲第6番
 ・ウェーバー 「オイリアンテ」序曲
 ・ロッシーニ 「セミラーミデ」序曲
・チャイコフスキー「1812年」
・ベートーベン 交響曲第1番
・ブラームス 交響曲第1番
・チャイコフスキー 交響曲第1番
・シューマン 交響曲第1番「春」
 ・ブルックナー 交響曲第2番
でした。

今回は合宿以来になりますが、ビオラで参加しました。やっぱりいろんな曲を弾かないことには、なかなかハ音記号に馴れないし、一人ビオラなるのも覚悟してたんですが、練習場に入ると、なんとUさんのお姿が!それにMさんまで!
これは奇跡か!と思いました。
おかげで後ろでのびのび弾かせてもらいました(^^;)

この日はバイオリン8人、ビオラ3人、チェロ4人と人数も結構揃っていたからか、いろんな曲のリクエストが出ました。
「悲愴」に決まった時は、どうなることやらと思いましたが、前のお二人が、どちらもアウトを弾いてくださったので、助かりました♪
私はインを弾きましたが、それでも音程のあやふやなこと(-_-;)
ビオラの聴かせどころなのに・・・・次回はリベンジしたいもんです。

「悲愴」の第1楽章や第3楽章では、ビオラ席にいるせいか、後ろからティンパニーがガンガン響いてきて、自分がフロイントに入ってから、この場所で、こんなにティンパニーがはじけた曲を弾いた記憶が無かったので、とても新鮮でした。第4楽章で終わるよりは、賑やかに終わってのお開きが良かったですね♪


Date: 2016/03/01(火)


今週のフロイント
2016年2月6日のフロイントは

指揮者無しで
前半は
モーツァルト 交響曲第32番 第34番
後半は
交響曲第38番「プラハ」
シューベルト 交響曲「ザ・グレート」から第1楽章 第2楽章

その他リクエストは、
・モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」
・ビゼー 交響曲第1番
・ベートーベ ン 交響曲第4番
・ベートーベ ン 交響曲第3番「英雄」
・モーツァルト 交響曲第26番
でした。

指揮者無し、コンマスHさんで始まった今日のフロイント。
「これくらいのテンポで始めましょうか」と、テンポが一旦決まるとずっと同じテンポで、指揮者いなくても、空中分解することもなく普通に終わってしまう。オマケに、ダイナミクスもちゃんとついてて・・・・
ホント皆さん凄いなぁといつも感心してしまいます。

さて後半のリクエストでの投票で、ちょっと予期せぬ展開が・・・。
当初、モーツァルト26番が8票ゲットでトップ当選。
ところが、「26番ってモーツァルトの駄作?」なんて話が持ち上がって、(ここんところの記憶が定かじゃないのですが)
2位以下を決める候補に再び26番も入ってしまいました。
すると8票でトップ当選だったのが、半分の4票に・・・
代わりにトップで同数で並んだのが、「プラハ」と「グレート」。
で・・・そのまま決定。
気の毒な26番。
自分は知らない曲でもあったので、最初から挙手する勇気もなかったのですが、あとで調べてみたら、この交響曲、なんと変ホ長調だということがわかり、残念!
お目にかかりたかったです。

「グレート」は1,2楽章で時間切れとなりましたが、
充分グタっとなりました。
予定通りなら来週はシューマンですね。練習しなければ。
Date: 2016/02/10(水)


2016年1月23日のフロイント
2016年1月23日のフロイントは

Suさんの指揮で
 シューマン 交響曲第2番 1・2楽章
 メンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」序曲
 リスト 交響詩「レ・プレリュード」
 メンデルスゾーン 交響曲第5番「スコットランド」
でした。

リクエストは、
 メンデルスゾーン 交響曲第5番(7票)
 シューベルト 交響曲第2番(5票)
 シューベルト 交響曲第3番(4票) 
 シューマン 交響曲第1番「春」(5票)
 リスト 交響詩「レ・プレリュード」(5票)
 メンデルスゾーン「フィンガルの洞窟」序曲(6票)
 ベートーヴェン「エグモント」序曲(3票)
でした。

[freundml:02300]今後の予定 を見て,今日の曲目はシューベルト
の2番で,新曲に挑戦?と思って来た人が多かったようですが,
実はシューマンの2番(単に記載ミス)だったことが判明。

そのため,リクエストコーナーの白板の前では,シューベルトの
2番とはいったいどういう曲なのか,という話題で持ちきりになり
ました。
私も曲を知りませんでしたが,知っている人の情報では,第1楽章
でバイオリンに速いパッセージが続く曲とのこと。
これも何かの縁?ということで,シューベルトの2番と3番がリク
エストに挙がりました。
投票の結果は見事に票が割れ,この曲にはなりませんでしたが,
またいつか演るかもしれませんね。

今日の演目の中で,レ・プレリュードは,私はフロイントで弾いた
のは初めてではないかと感じました。
リクエストでは結構頻繁に挙がっている曲ですが,記録を見ると
意外にほとんど選曲された実績がなく,2009年に一回,2012年の
春合宿で一回やっただけと,ほとんど演奏されなかった曲のよう
です。他の人もかなり馴染みが無かったのでは,と思いました。
8/12拍子や9/12拍子などが目まぐるしく変わる曲で,私は学生時代
弾いた記憶を頼りに,奇跡的に落ちずに(間違えずにではない)
最後まで行きましたが,周りを見ると,意外に皆しっかり弾かれて
いたようで感心しました。特に,ヴィオラパートがいなかった
ため,チェロでヴィオラの楽譜(ハ音記号)を読んで演奏されていた
Naさんには感服致しました。
今までレ・プレリュードという曲には,あまり思い入れがなかった
のですが,派手で魅せる曲という印象で,面白い曲だったと思い
ました。

今日は,各パートは比較的揃っていたけれども人数は少なめだった
ため,特にスコットランドでは他のパートの音が良く聞こえ,オケ
の音の中で弾いている印象を持てた日でした。
Date: 2016/01/24(日)


今週のフロイント
2015年12月26日のフロイントは

Suさんの指揮で

♪ベートーヴェン / 交響曲第9番 「合唱付き」

でした。


4楽章1回目(練習)バラバラだった箇所、
誰も何もおっしゃられてないのに2回目(本番)でぐ〜〜んと距離が縮まったというか修正されたというか、
やっぱりフロイントって凄い人達の集まりなんだなぁと思いました。
(私もいつかそちら側の人になれるんだろうか・・・ん〜…ほど遠いな、、、(´Д`))

合奏途中にVa片付けはった!!(゜ロ゜ノ)ノ、と思ったらトライアングルが出現っw(゜o゜)w
上手後方から見守りつつ合わせるパーカッション隊長!(M&Y コンビ )
これもThe フロイントではないでしょうか。

そしてそして、コントラバス!
魅了されました。
あんな格好いいことしてはったんやと初めて気付きました。
今まで何を聴いていたんだか(-_-;)

そしてそしてそして、やはり合唱!!
あんな近くで聴けるというのもフロイントならではの醍醐味ではないでしょうか。
ぶっつけ本番のイベントにあのようなソリストさんが参加してくださるというのも、
凄い贅沢させてもらった感じですよね。
“やるからには本気で!” 熱意が伝わって参りました。
Kさん、いつもありがとうございます♪

SuさんとNさんのフォースの力に導かれ(私はジェダイではないですが…)、
全開で楽しめた今年最後のフロイントでした。



2016年 フロイントの幕開けは
1月9日です☆
皆様どうぞ良い年をお迎えください。
Date: 2015/12/30(水)


今週のフロイント
2015年12月19日のフロイントは

Kさんの指揮で
ベートーベン / 交響曲 第5番
ブラームス / 交響曲1番
ベートーベン/ エグモント序曲
でした。

その他リクエストは、
・ブラームス / 交響曲2番
・チャイコフスキー / 交響曲第6番「悲愴」
・ベートーベ ン/ 交響曲第9番
・チャイコフスキー / 交響曲第4番
・モーツァルト / 交響曲第31番
・ワーグナー / さまよえるオランダ人
・ハイドン / 交響曲第99番でした。

今日は人少ないかもと思いながら、少し遅れていったフロイント。
ホールに入ると、なんと木管も、ホルンも、ペットもいて、
いないパートはビオラとベースのみという充実振り。

普通のオケなら当たり前かも知れませんが、
作曲家が指定した小節に、指定された楽器が、
当たり前のように旋律を奏でる・・・・

ブラームス1番の2楽章での、
Aさんの音色を聴きながら、
そのありがたさをしみじみと感じました。

また今宵のコンマスは、Tさんだったのですが、
リクエストで急遽ブラームス1番が選ばれたにもかかわらず、
これまた普通にソロが始まり、見事にこの楽章を締めくくられました。
2楽章が終わると、自然と拍手がわき起こってました。大役、ご苦労様でした!

とは言え、余裕を持って他の人の音を聴けたのはこの楽章だけで、
ブラ1のファーストを弾いたことない自分にとっては、
1と4楽章は雨あられと降り注ぐ、ハイピッチの嵐、
3楽章は途中で音程が狂ってると思ったら、
#がいつの間にか5つになっていたりと、撃沈状態でした…

自分自身の出来はいつものごとく、しょぼかったですが、
充実した響きを味わうことの出来た今週のフロイントでした。
Date: 2015/12/23(水)


今週のフロイント
2015年11月14日のフロイントは,

Suさんの指揮で
シューマン / 交響曲 第2番
ハイドン / 交響曲22番「哲学者」
      交響曲45番「告別」
でした。

その他リクエストは、
・ワーグナー / マイスタージンガー 第1幕への前奏曲
・ベートーベ ン/ 交響曲第6番「田園」
・シューマン / 交響曲第1番「春」
・モーツァルト / 交響曲第25番
・ウェーバー / 「魔弾の射手」序曲
でした。

今回、初めてハイドンの「告別」にお目にかかりました。
恥ずかしながら、全くこの曲を知らなくて、
終楽章に人が次々立ち去っていくと言うことだけしか知らなかったのです。

なので冒頭、♯が3つだったので、
ハイドンだし、中期の交響曲だし、♯3つ=イ長調だろ
と勝手に思い込んでました。

冒頭のシンコペを弾き始めると、なんだか凄い不協和音というか、違和感が・・。
自分だけ違う箇所を弾いてるのかと、思わず弓が止まりました。
短調だったんですね・・・
しかもモーツァルト25番を思わせるような激しさ。
あまりにもイメージとかけ離れたため、譜面通り弾いてるつもりが
脳がショートして不協和音って判断したんでしょうね。
あとで調べたら嬰ヘ短調ってなってました。
恐るべし、ハイドン。そんな調性の曲もあったんですね!
まあこういう発見も楽しいものです。
何も知らない自分がちょっと恥ずかしかったですが・・・

時間も押していたので、
Suさんが「席を立った人から片付けを始めて下さい」
という指示があって、
終楽章、人が減ってどんどん静かになっていくはずなのに、
演奏を抜けた人が後ろで、楽器を片付ける音が、だんだん逆に大きくなっていって、なんだか可笑しかったです。
最後は見事に終わられて、皆さんからささやかな拍手が。
こういうお開きもいいですね。

自分的にはシューマンの2番も、告別も勘違いがあったりして
どちらも不完全燃焼の演奏でしたが、
まさか「哲学者」を再び弾けると思ってもみませんでした。

前回の「英雄」「39番」に続き、今回の「哲学者」、
まるで私のために選曲してくれたかの様な、
♭3つの曲を立て続けに弾くことが出来て
大満足な前回と今回のフロイントでした♪
Date: 2015/11/18(水)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
008800
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71