アンサンブル・フロイント
TOP
NEWS
フロイントって何ですのん
フロイントQ&A
活動予定
団員募集
コンサート
DISCOGRAPHY
リンク

Weekly Freund...今週のフロイント
2019年8月10日のフロイント
2019年8月10日のフロイントは、

Yoさんの指揮で、
べートーヴェン  交響曲第1番

(リクエスト)
Saさんの指揮で、
ベートーヴェン  交響曲第5番「運命」
メンデルスゾーン 交響曲第4番「イタリア」から第1、2、4楽章
でした。

その他リクエストは、

シベリウス    交響曲第1番、2番
チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」
メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
ブラームス    交響曲第1番
ベートーヴェン  交響曲第9番「第九」第1楽章
ハイドン     交響曲第99番

でした。

管楽器が久々に充実し、弦楽器も少ないながら5部揃った今週のフロイント。
とは言え、中川さんはトランペットに。。

ベー1は、フロイントではかなりのヘビロテ?と思うくらい、私はかなり演奏していると思います。
なのに、この曲はやる度に毎回の落ち込み度が激しい。。
永遠の課題の曲です。私にとって。

「ベートーヴェンは難しい」とよく言われますが、最近改めて実感します。

イタリアも落ちまくりましたが、私的にはカラっと楽しく終われた今週のフロイントでした!
Date: 2019/08/16(金)


2019年8月3日のフロイント
2019年8月3日のフロイントは、

Saさんの指揮で
J.シュトラウス 「こうもり」序曲
チャイコフスキー 「くるみ割り人形」組曲より抜粋
後半は
ブラームス ハイドンの主題による変奏曲
吉田さんの指揮で
ハイドン 交響曲第101番 「時計」
ハイドン 交響曲第104番 「ロンドン」 第1楽章

その他リクエストは
ブラームス 交響曲第3番
ビゼー カルメン組曲
ベートーベン エグモンド序曲 
ベートーベン 交響曲第2番
でした。

このところ、少なかったバイオリンですが、今回は重鎮の方々が久々に来られて、ほっとしました。

今日はフルートの見学者の方の希望で、前半は「こうもり」「くるみ割り」になりましたが、超メジャーな曲なので、弾けてないのに、弾けた気になりました。周りの皆さんのおかげです(^^ゞ

ところで、(CMとか)いろんな機会によく耳にするメロディー
けど、何の曲かわからない、という事があると思いますが、フロイントで弾いて、曲名が初めてわかったことがあります。
今日演奏した、「時計」の第2楽章がそうです。
「ああ、これが時計か〜」とスカッとしたのを覚えてます。
他には、コッペリアの「マズルカ」もそうです。
これもフロイントで弾いて、曲名が分かったときは嬉しかった!

皆さんよりは全然まだ曲を知らないので、知らない曲に出会えたり、曲名がわからずもやもやとしていた曲が突如わかったりとか、いろんな楽しみ方があるフロイントです(笑)
Date: 2019/08/05(月)


2019年7月27日のフロイント
2019年7月27日のフロイントは、

Saさんの指揮で
モーツァルト 交響曲第41番「ジュピター」
後半は
ハイドン 交響曲第100番 「軍隊」
ドボルザーク 交響曲第9番 「新世界より」 第4楽章

その他リクエストは
ベートーベン 交響曲第2番 
スメタナ 「モルダウ」
モーツァルト 交響曲第39番
ニコライ ウィンザーの陽気な女房たち
でした。

この日は遅めに着いたはずなのに、全く人がいなくて、ただ一人ビオラ見学者の方がソファーにぽつんと座っているという予想外の光景が。一瞬、MLチェックするの忘れて、台風で中止になったのかと思ったくらいです。その後、人が集まり出しましたが、この日もバイオリンは3人、これで3週連続かも。

ジュピータの第4楽章のフーガを弾くと、人数が少なくても、いつも大勢で弾いている気がします。
出るタイミングがパートによってずれてたりするんですが、それがうまくハマって、絶え間なく楽器が鳴り響いてアンサンブルが出来ているからそう感じるのかも知れません。
逆に少しでもずれると崩壊の危険も・・・。

フロイントは毎回が本番の心構えですが、ジュピターの第4楽章は休符の種類も所々違っていてほんと楽譜から片時も目が離せませんね。

後半の「新世界より」は時間が押していたので見学者さんの希望で第4楽章のみとなりました。

ちなみに通勤時、いつも新今宮駅で環状線に乗り換えているんですが、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、発車メロディーが「新世界より」の第4楽章です。

環状線は駅毎にそれぞれ違う発車メロディーなんですが、なんでその駅にそのメロディー?とすぐには理由がわからない中、新今宮駅だけはなるほど〜そうくるかって納得しました。
もっとも、その「新世界」とちゃうやろとツッコミが入りそうですが(笑)。

JR西日本の誰が考えたのか知りませんが、新今宮駅だけは、クラシック好きの大阪人が考えたに違いない・・・と思いながらいつも発車メロディー聴いてます(^^)
Date: 2019/08/01(木)


2019年7月20日のフロイント
2019年7月20日のフロイントは、

モーツァルト 交響曲第40番
後半は
モーツァルト 「魔笛」序曲
Yoさんの指揮で
ハイドン 交響曲第100番 「軍隊」
時間が余ったのでリクエスト次点から
モーツァルト 「フィガロの結婚」序曲
ベートーベン 交響曲第1番 第1、2楽章

その他リクエストは
メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
メンデルスゾーン 交響曲第5番「宗教改革」
メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」序曲
でした。

前回に引き続き、バイオリン3人なのに対して、
ビオラ3人 チェロ2人 バス1人という中低弦の方が多い構成でした。

「魔笛」は自分がフロイントに見学しに来た時に
後ろで座って初めて聴いた曲です。
そのあと、魔笛の抜粋も何曲か。
指揮者もkaさんだったかと思います。
唱いながら指揮されてて斬新で、なおかつ
演奏するみんな楽しそうだったんですよね〜。

もし他の曲で、難しい聴いたこと無い曲だったら、
次回から来なかったかも知れません(笑)

バイオリン、数が少ないにもかかわらず、
全曲を通して、コンマスのnaさんが
ソロでぐいぐい引っ張っていくのはさすがでした!
Date: 2019/07/26(金)


2019年7月13日のフロイント
2019年7月13日のフロイントは、

Saさんの指揮で
ハイドン 交響曲第82番「熊」
後半は
モーツァルト 交響曲第40番
(途中から)Yoさんの指揮で
ブルックナー 交響曲第6番 第2楽章

その他リクエストは
ベートーベン 交響曲第1番
ブラームス ドイツレクイエム
でした。

この日、早くにStudio-Jに到着すると、
Yoさんとsakさんがモーツァルトの「ケーゲルシュタット・トリオ」と言う曲を合わせてました。この曲には大学時代から大好きな曲です。CDを聴きまくり、楽譜も購入して遊びで弾いたりしてました。

今回、ひさびさに耳にして懐かしかったです。

・・・さて、この日はバイオリン3名、チェロさんはいないという状況だったのですが、それでもハイドンに始まって、ブルックナーという、いかにもフロイントらしい(笑)

ブルックナー6番は、最初指揮者無しでやってみたのですが、
遅いテンポが災いして、なんだかずれてくる感じ。
Yoさんが振ってくれることになって、やっと落ち着きました。

ビオラとしては、モーツァルト40番やら、ブルックナーやら
美味しい場面が多く、楽しかったです。
とは言え、一人ではきつかったかも知れませんが、
相方さんがいてくれたので、助かりました(^^)
Date: 2019/07/20(土)


2019年7月6日のフロイント
2019年7月6日のフロイントは、

ベートーベン 交響曲第2番
後半は
シューベルト 交響曲第5番
Yoさんの指揮で
ドボルザーク 交響曲第9番「新世界より」第1楽章&第4楽章

その他リクエストは
リスト レ・プレリュード
ドボルザーク 交響曲第8番
メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」
シューベルト 「ロザムンデ」序曲
でした。

ベートーベン2番弾いてて感じるのは、
ここからよく「英雄」に飛躍したなぁということです。
「英雄」の演奏時間は当時としてはとんでもない長さになったし。

いろんな作曲家のいろんな曲を弾く機会があるからこそ、いろいろ感じとることが出来る、貴重な2時間ですね。

個人的には、まだ弾いたことの無い「レプレ」をしたかったのですが、またそのうち出会えるでしょう。
ビオラなのでそういう曲がまだまだ埋もれていて楽しみです。
Date: 2019/07/09(火)


2019年6月29日のフロイント
2019年6月29日のフロイントは、

指揮者無しで

ベートーベン 交響曲第8番

後半は
ハイドン 交響曲第80番
ハイドン 交響曲第100番「軍隊」より1、3、4楽章

その他リクエストは

ハイドン 交響曲第86番
ブルックナー 交響曲第4番 1楽章
ブルックナー 交響曲6番 2楽章
ブラームス 悲劇的序曲
ドボルザーク 交響曲第6番

でした。

G20のせいか(?)やや少なめでしたが、それでも交響曲をやりきってしまうフロイントの地力を感じました。
ティンパニとベースがあると安定感、安心感があっていいですね。
ご無沙汰の方もお待ちしておりますm(__)m

印象的だったのは、やはりハイドンの80番でしょうか。フロイント初演だったかも。

楽譜を出した時の手付かず感。楽譜の左端のト音記号と一つ目の音が切れている。
フルートのパート譜が無いなどやる前から不穏な空気が漂いましたが、やってしまいました。

私は曲を知リませんでしたが、短調のハイドンというのは新鮮で4楽章のシンコペーションも面白かったです。
ハイドンのチャレンジを感じました。個人的な感想ですが。
Date: 2019/06/30(日)


2019年6月22日のフロイント
2019年6月22日のフロイントは、Saさんの吹き振りで、

★ハイドン 交響曲第99番
♪シューベルト 交響曲第3番
♪ハイドン 交響曲第93番
◇ベートーヴェン 「コリオラン」序曲

★予告曲
♪リクエストにより選曲
◇指揮者セレクト

でした。

リクエストでは、このほかに
シューマン 交響曲第3番「ライン」
シューベルト 「ロザムンデ」序曲
が挙がっていました。

突然の豪雨のなか始まった今週のフロイント。
2人の雨男が参加したからだという説がありますが、真偽のほどは??
人数的にはやや少なめでしたが、いつものように熱い演奏で楽しめた今週のフロイントでした。

(連絡事項)
12月14日に恒例の「第9」があります。
場所は、昨年と同じ大阪市立阿倍野区民センター大ホールでやりますので、お友達をお誘いあわせのうえご参加いただいますようお願いします。
Date: 2019/06/23(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
アンサンブル・フロイントへのお問い合わせはこちらまで
Copyright 2005 Ensemble Freund All Rights Reserved
001845
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.71